女性活躍推進法に基づく行動計画

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性が将来にわたり幅広く活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2021年4月1日~2026年3月31日

2.当社の課題
  1. 女性の職種が業務職に偏ることへの改善を図る。
  2. 職種毎の残業時間の格差を改善する。
3.目標
  1. 営業職の女性を現在の5名から8名以上まで増やす。
  2. 全社員の残業時間を月平均25時間以内にする。
4.取組内容
  • 目標1
  • 2021年5月~ 個人面談の際に、本人の今後の目標・展望をヒアリングし、本人の適性等を考慮しながらスキルアップを図る。
  • 2021年6月~ 既に職種変更した社員のフォローアップを実施する。
    営業職経験者と業務・サービス職者との交流を実施
  • 2022年1月~ 業務職・サービス職からの職種転換希望を募る。
  • 2022年4月~ 配属を開始する。
  • 目標2
  • 2021年4月~ PCの操作時間・残業時間の定期配信を行い、残業時間の見える化を図る。
  • 2021年6月~ 優先順位付けを行い、業務の内容と分担の見直しを行う。
  • 2021年6月~ 管理職の長時間労働是正に向けたマネジメント強化研修を行う。
TOP